FC2ブログ

「ボックス21」 アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム

「ボックス21」
著 者 アンデシュ・ルースルンド
    ベリエ・ヘルストレム
訳 者 ヘレンハルメ美穂
発行所 早川書房 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


 『制裁』の続編。
 『制裁』の一年後。

 ストックホルム市警エーヴェルト・グレーンス警部とスヴェン・スンドクヴィスト警部補が主人公として活躍するシリーズ第二作。

 テーマは旧ソ連や東欧からの女性の人身売買と強制売春。
 訳者あとがきによると、スウェーデンはじめ北欧諸国で深刻な問題となっているという。

 国際労働機関(ILO)の推算によっれば、人身売買の犠牲者(性的搾取だけでなく、強制労働なども含む)は、世界で1230万人にのぼるという。

 リトアニア人売春婦のリディアが鞭で打たれ意識を失った状態で発見されたのは冷夏のストックホルム。アパートの一室。搬送された病院で意識を取り戻した彼女は医師を人質に取り、地階の遺体安置所に立てこもった。

 同じころ、同病院内で覚醒剤に洗剤を混ぜて売りマフィアの怒りを買ったヘロイン依存者の殺人事件が発生し、その捜査を担当していたグレーンス警部が立てこもり事件の指揮をすることになった。

 リディアが人質と引き換えに要求したのはグレーンス警部の元同僚で友人のベングト・ノルドヴァル。

 リディアの目的は?

 最終ページ576ページの三行で明らかにされる真実。

 エーヴェルト・グレーンスといい、スヴェン・スンドクヴィストといい、何とも馬鹿な警察官。この二人の警察官に、人身売買の現場にいたジャージの上下に身を包み頭にフードをかぶったリトアニア人の女が誰であるか、真実を知る日は訪れるのだろうか。

 次の第三作目は『死刑囚』。

 訳者あとがき。

2017年11月25日 発行

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ