「制裁」 アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム

「制裁」
著 者 アンデシュ・ルースルンド
    ベリエ・ヘルストレム
訳 者 ヘレンハルメ美穂
発行所 早川書房 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


 「ガラスの鍵」賞(最優秀北欧犯罪小説賞)受賞のノンストップ・ノベル。
 原文がどうなのか分からないけれども、過剰な修飾語を省いた小気味よい展開のハードボイルド。物語を楽しむと同時に、死刑制度の存在しない国のジレンマをも知ることができる。

 女児暴行・殺害の罪で服役中の囚人が、護送中に逃亡。

 ふたたび幼い少女が犠牲となる可能性が発生。

 警察が総力を挙げて逃亡した囚人の行方を追うなか、五歳の娘を保育園に送り届けた作家のフレドリックは、閉まった門のすぐ外にあるベンチに座っている男を目撃。

 子どもたちの誰かの父親にちがいない。

 離婚した元妻からの電話を受けながら見たテレビの画面に、先ほど見たベンチに座っている男が映っている。

 逃亡した女児暴行・殺害の罪で服役中の囚人。

 再び悲劇が繰り返され、女児の父親フレドリックは犯人を射殺した。

 フレドリックに下された判決と、その判決が投げかけた波紋。

 異常な暑さに見舞われた夏のスウェーデンで憎しみの連鎖が展開される物語。

訳者あとがき。

2017年2月25日 発行

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ