FC2ブログ

「パリのすてきなおじさん」 文と絵・金井真紀 案内・広岡裕児

「パリのすてきなおじさん」
文と絵 金井真紀
案 内 広岡裕児
発行所 柏書房


 無類のおじさんコレクター金井真紀が、パリ在住40年のジャーナリスト広岡裕児と一緒に作った「パリのおじさん」コレクション。

 好奇心、広岡裕児が自在に操るフランス語、金井真紀の選おじさん眼を携えて、パリの街を歩きまわり、おもしろいはなしをしてくれそうなおじさんを探した。二週間の取材で集めたおじさんは67人。

 章立ては、「おしゃれなおじさん」「アートなおじさん」「おいしいおじさん」「あそぶおじさん」「はたらくおじさん」「いまを生きるおじさん」。

 フランスの対岸は地中海をはさんでアフリカ。フランスは陸続き。パリはフランスの首都。登場するおじさんの出自はさまざま。章立てされたおじさん分類の枠組みでは収まりきれないおじさんたちの背後にあるものの数々。

 選ばれたおじさんの人と形を印象鮮明な似顔絵と文章で描くと同時に、おじさんの背景、フランスという国の成り立ちと奥の深さまでもが表現される。

 登場するおじさんのルーツはばらばら。
 肌の色もばらばら。
 宗教もばらばら。
 職業もばらばら。

 広岡裕児の「取材後記」、金井真紀の「あとがき」はそれぞれ印象的なことばで締めくくられる。

 これは、パリの旅日記ではない。パリはあくまでも手段に過ぎない。この旅は、人間というもの、生きるということの破片を集める旅だった。(広岡裕児)

 世界はいろんな色をしている。そのわくわくする事実を、多くの人に味わっていただけたらと願う。(金井真紀)

2017年11月10日 第1刷発行

スポンサーサイト
[ 2018/05/12 02:00 ] 国内の作家の本 金井真紀 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ