宮城谷昌光 「沙中の回廊」 上・下

見たり、読んだり、思ったり。

宮城谷昌光 「沙中の回廊」 上・下

「沙中の回廊」 上・下
著 者 宮城谷昌光 (みやぎたに まさみつ)
発行所 文春文庫


 主人公は士会。
 中国春秋時代の晋の武将、政治家。

 没落寸前の家に生を受けた士会は、並外れた兵略の才と知力で文公・重耳(紀元前696年~ 紀元前628年、在位紀元前636年~ 紀元前628年)に見いだされ、名を挙げていく。

 恵公(夷吾)が亡くなったことで文公(重耳)が即位。しかし、恵公を輔けた郤芮(げきぜい)と呂甥(りょせい)は文公に心服せず、文公を暗殺すべく挙兵した。

 晋という国が新制のもと再出発するには、長い流亡を終えて帰国し、即位してまもない文公の徳政が不可欠、文公が横死すれば、晋は以前の暗黒の国にもどると心のなかで絶叫しながら、宮門を趕(はし)りでて敵兵を倒しつつ、文公をさがす士会の動静から物語は始まる。紀元前636年。晋の文公元年。

 このとき川辺をさがすために乗り込もうとした舟のなか、むしろの下、血まみれになって横たわっていた武人が郤缺(げきけつ)。これが奇縁となって、後に秦に亡命した士会が晋に呼びもどされて晋の宰相にまで上り詰めることになる。その伏線の心憎いこと。

 真の宰相とは。中国春秋時代に生きた士会に仮託して、著者の理想とする宰相の姿が表現されました。

「沙中の回廊」 上・下 2004年12月10日 第1刷



スポンサーサイト
[ 2018/04/26 16:00 ] 国内の作家の本 宮城谷昌光 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ