樋口明雄 「許されざるもの」

見たり、読んだり、思ったり。

樋口明雄 「許されざるもの」

「許されざるもの」
著 者 樋口明雄 (ひぐち あきお)
発行所 光文社


 「約束の地」の続編。

 絶滅のかの狼を連れ歩く  三橋敏雄

 1905年、奈良県東吉野村で捕えられた雄の狼が、日本で最後の捕獲記録。日本で絶滅した狼を日本の山に復活させようという壮大な、あるいは荒唐無稽な計画が作品のメインテーマ。読み始めるや否や、ワクワクどきどきしながら、その日のうちに読み終えることができた。

 惜しむらくは、本書でもアイテムの一つとして無線機が登場するのだが、その記述に違和感を覚えてしまう。その箇所を抜き出してみると、

 新海が車から八木アンテナと携帯用受信機を持ってきた。八重洲無線というメーカーのFT-817という受信機は、今では野生動物調査における、お馴染みの機種である。テレメトリー調査のために動物につけた首輪が発信する電波は、144MHz帯のFM波の中でもLSBという特殊な波長であるために、通常のFM受信機では捉えることができない。
 六素子の折りたたみ式八木アンテナを開いて、左右に振りながら、新海がクマの居場所を探査し始めた。対象はまだ近くにいるらしく、すぐに断続的なビーコンが受信機に飛び込んでくる。(本書35ページ)

 アマチュア無線の世界で代表的な電波形式といえば、CW、SSB、FM。SSBはLSBとUSBに分類され、6ⅿ(50MHz帯)より波長が短いVHFではUSBが使用される。となれば、「144MHz帯のFM波の中でもLSBという特殊な波長である」という記述は文意不明で理解しがたい。

 次に、「すぐに断続的なビーコンが受信機に飛び込んでくる」という箇所。ビーコンを日本語で言い換えると、無線標識。ビーコンを受信することによって、その周波数の電波状態や電波が発射されている方向を特定することができる。ビーコンの電波形式はCW(電信)。

 再度確認しておくと、CW、SSB(LSB、USB)、FMは電波形式が異なっている。したがって、「テレメトリー調査のために動物につけた首輪が発信する電波は、144MHz帯のFM波の中でもLSBという特殊な波長であるために、通常のFM受信機では捉えることができない。」という記述は理解不能となる。

 例えば、「テレメトリー調査のために動物につけた首輪が発信する電波は、144MHz帯のなかでもCWという特殊な電波形式であるために、通常のFM受信機では捉えることができない。」という記述なら理解できるのですが。

 50MHz帯の代表的なビーコンは2エリアで発射されているJA2IGYのビーコン。

トトトツー
トトトツー
トトトツー
ツートト

トツーツーツー
トツー
トトツーツーツー
トト
ツーツート
ツートツーツー

(繰り返す)

 本書21ページの記述、「別の牝の個体がFM波の発信機をつけていたので」という箇所でも違和感を覚えたので、ビーコンといえばCW、FMはあり得ないと、wikiで「雪崩ビーコン」を検索してみたところ、「雪崩ビーコン(なだれビーコン)は、雪崩により雪中に埋没した人の捜索のために作られたトランシーバの一種。中波(MF)に分類される457kHzの微弱電波を利用することが世界的に規格化されている。」という記載。

 中波(MF)をFMと混同されているのかもしれませんね。

2014年7月20日 初版1刷発行

スポンサーサイト
[ 2018/04/16 16:00 ] 国内の作家の本 樋口明雄 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ