FC2ブログ

宮城谷昌光 「夏姫春秋」 上・下

見たり、読んだり、思ったり。

宮城谷昌光 「夏姫春秋」 上・下

「夏姫春秋」 上・下
著 者 宮城谷昌光(みやぎたに まさみつ)
発行所 文藝春秋


 夏姫が生きた中国・春秋時代の物語。

 夏姫が生まれたのは鄭。父は蘭、母は姚子。彼女が生まれて二、三年後に父は鄭の君主となった(穆公)。鄭の穆公の在位期間は紀元前627年から 紀元前606年。夏姫が生まれたのは紀元前630年頃。

1991年 『夏姫春秋』で第105回直木賞受賞。
1993年 『重耳』で第44回芸術選奨文部大臣賞受賞。

 夏姫が生きた時代相を描きながら、少し前の世代の人物として登場するのが重耳。『夏姫春秋』を執筆しながら、著者がすでに重耳に大きな関心を寄せていたことが推測される。

 ちなみに、重耳の生没年と在位期間をあげておくと、生没年は[紀元前696年~紀元前628年]、在位期間は[紀元前636年~紀元前628年]。

 夏姫が生きたのは重耳の時代の直後。『重耳』、『夏姫春秋』と続けて読めば、春秋時代、なかでも彼らの時代のようすが一層鮮明になるにちがいない。

 中国古代史を題材としながら、平明な語り口と著者による大胆な解釈。えも言われぬ満足感に満たされながら最終章「風神の章」を読み終えることができました。

夏姫春秋(上)2000年11月20日 第1刷
夏姫春秋(下)2000年12月10日 第1刷



スポンサーサイト
[ 2018/03/15 15:00 ] 国内の作家の本 宮城谷昌光 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ