FC2ブログ

秋吉理香子 「暗黒女子」

見たり、読んだり、思ったり。

秋吉理香子 「暗黒女子」

「暗黒女子」
著 者 秋吉理香子(あきよし りかこ)
発行所 双葉社


 秋吉理香子の作品で最初に読んだのは「ジゼル」。他の作品も読んでみようと思い二冊目に選んだのが「暗黒女子」。

もくじ

第六十一回 聖母女子高等学院文学サークル定例会次第
1.開会のおあいさつ及び闇鍋ルールの説明 会長・澄川小百合
2.朗読小説「居場所」 1年A組 二谷美礼
3.朗読小説「マカロナージュ」 2年B組 小南あかね
4.朗読小説「春のバルカン」 留学生 ディアナ・デチェヴァ
5.朗読小説「ラミアーの宴」 3年B組 古賀園子
6.朗読小説「天空神の去勢」 2年C組 高岡志夜
7.朗読小説「死者の呟き」 前会長・白石いつみ 代理朗読・澄川小百合
8.閉会のごあいさつ 会長・澄川小百合

 白石いつみがテラスの下の花壇に血にまみれてうつぶせで倒れていたのは一週間前。今日は各自が一編の小説を仕上げて持ち寄り、それぞれの小説を聞く聖母女子学院文学サークル定例会の日。

 今回のテーマは、前会長である白石いつみの死。

 各自が仕上げてきた小説の内容は、各自が白石いつみと親しく交際するようになったきっかけと関わり、白石いつみに対する称賛のことば、そして白石いつみに悪意を抱くと思われるサークル員に対する罵り。

 二谷美礼にはじまり高岡志夜に至る朗読小説によって提示される理想的存在としての白石いつみ像。まさに非の打ちどころのない存在としての白石いつみが示される。

 そして白石いつみの朗読小説「死者の呟き」。

 白石いつみが二谷美礼らを彼女が主催する文学サークルに誘った真の理由と顧問である北条との関係が明らかにされる。そうだったのかと納得しながら読み進める朗読小説「死者のつぶやき」。そして最後のどんでん返しが最終章「閉会のごあいさつ」。

 読みどころは第7章「死者の呟き」と第8章「閉会のごあいさつ」。

 内容的に気になる箇所がいくつか。

 例えば聖母女子学院が「もともとイギリスの修道女が戦後に来日し、キリスト教精神を礎とした女子教育を行う目的で創立した学校」という設定。修道女あるいは修道院といえばカトリック。イギリスはイギリス国教会、プロテスタントが主流と思われる国。
など・・・。

2013年6月23日 第1刷発行




スポンサーサイト
[ 2018/02/18 21:00 ] 国内の作家の本 秋吉理香子 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ