FC2ブログ

高橋順子 「時の雨」

見たり、読んだり、思ったり。

高橋順子 「時の雨」

「時の雨」
著 者 高橋順子(たかはし じゅんこ)
発行所 青土社


 晩い結婚の二年四ヵ月後、連れ合いとなった車谷長吉が強迫神経症を発病。緊張の日々の連続。そのときの様子を著者はあとがきに記します。

 連れ合いの書く小説には髪の毛一すじの狂気が宿っていることに、私は無意識であったわけではありません。それは、文学だと思っていたのです。生活とは別次元のものだ、と。
 ところが或る日、文学が生活に侵入してきてしまった。日常が非日常の霧におおわれてしまった、ともいえます。そのとき、人はどうするか――。
 生活を強引に文学にしてしまうこと。自分を全力で虚の存在と化し、文学たらしめること。
したがって私はこれらの作品を、なりふりかまわず、書かずにはいられなかった。

 今までに高橋順子の詩作品を読んだことのない私にとって、穏やかな平常時に作者がどのような作品を発表していたのか知らないが、この作品集だけを読む限りにおいては、非常時にこそ、その才能が遺憾なく発揮される人物のような気がする。

 平穏なときはもっぱら五感を働かせて様ざまなものに接して自らの詩心を耕す。いわば冬耕の時期。そしていざ乱世が訪れたとき、その才能が自ずから迸り出るように発揮される。

 本書の内容について見てみると、章立てはⅠからⅢ。Ⅰは結婚間もない頃の平穏な時期を表現した作品群。Ⅱは緊張の日々への移行時を表現した作品群。Ⅲでは緊張の日々を表現。

 Ⅰに収められている作品のひとつが「才能」。


才能

「おめでとう その年でお互いに
初婚とはユニーク すがすがしいわ
才能よ」
と白石かずこさんが真面目な顔で祝福してくれた
「若いうちは
膝がぶつかったくらいで結婚しちゃうのよ」
そう言ったのは新川和江さんである
でもやっぱり
油の切れた膝がぶつかったのだと思います
膝をぶつける才能ではなく
膝がぶつかる才能に
やっと恵まれたと思いましょう

1996年11月30日 第1刷発行

スポンサーサイト
[ 2017/10/21 08:00 ] 国内の作家の本 高橋順子 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ