小倉孝保 『空から降ってきた男 アフリカ「奴隷社会」の悲劇』

『空から降ってきた男 アフリカ「奴隷社会」の悲劇』
著 者 小倉孝保
発行所 新潮社


 2012年9月9日午前7時50分ごろ、ルアンダ発ヒースロー行きブリティッシュ・エアウェイズ76便の主脚格納部より、一人のアフリカ人男性が降ってきた。

 いったい彼は誰だったのか。

 欧州とアフリカの経済格差やアフリカの汚職体質など、欧州への難民・移民の背景の一端を知ることができます。

2016年5月20日 発行


スポンサーサイト
[ 2016/10/23 20:00 ] 政治・経済・現代社会の本 小倉孝保 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ