FC2ブログ

宇多喜代子 「わたしの名句ノート 読み直す俳句」

『わたしの名句ノート 読み直す俳句』
著 者 宇多喜代子
発行所 富士見書房


 俳句には自作以外の句を読む楽しみがある。新しく生産される俳句を期待する楽しみもさることながら、すでに書かれた先行俳句を読むという楽しみは格別である。古今を問わず、「いいなぁ」と思って読む時というのは、それが高名な俳人の句であっても、何気なく手にした俳誌の未知の人の句であっても、同じような感動をもたらす。(本書7ページ)

 をりをりに備忘録のようなノートに著者が書きつけた俳句。その句にかかわる事柄を素材として書きつらねられた著者の本音。そんな随筆集です。

初出「俳句研究」平成13年1月号~平成14年12月号

2004年4月30日 初版発行


スポンサーサイト
[ 2016/08/11 17:09 ] 俳論・俳文・句集など 宇多喜代子 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Amazon
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とは付かず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ